日本の代表的な祭り

我が国を代表する祭りについて

日本には多くの祭りが存在します。
それは仏教関連のものもありますが、実は神社関係のもの、神社とは殆ど関連性が無いが、神社に強引に絡ませているもの、いつ頃か分からないが多分、造られたものであろう祭り等、その種類やバラエティーの多様さは、ヨーロッパのそれ以上と言えるのではないでしょうか。
日本の祭りの中でも、東北地方はそのメッカとも言えるでしょう。
仙台七夕、秋田竿灯、そして青森ねぶた等はその代表格と言えるでしょうが、それ以外にも、盛岡さんさ踊りや、弘前ねぷた、八戸三社大祭等、バラエティーは豊富で、殆どが夏祭りです。
この中で、最も有名な部類に入る青森ねぶたですが、観光目的に創造された祭典とのイメージが強いのですが、実際の始まりは全く違います。
この青森ねぶたですが、そもそも平安時代に坂上田村麿が蝦夷征伐にやって来た時のことです。
武勇に優れた蝦夷は一騎当千の強者揃いで、朝廷軍は苦戦を強いられました。
結局、数を恃んで朝廷側が何とか勝利したのですが、もう、この様な苦しい戦いは御免被りたい、ついては、もう蝦夷等の勇猛な民族が絶対にこの地から現れないようにとの願いを込めて、ラッセーラーの掛け声のもと、地面を踏み固めたのが、そもそもの青森ねぶたの始まりとも言われています。
日本の祭りの起こりは調べると面白いものです。

神田祭のお得なお祭りマメ知識

日本三大祭りといえば、京都の祇園祭、大阪の天神祭、東京の神田祭です。
東京の神田祭は三大祭で忘れられがちなのですが、とても古くからの歴史があり大掛かりなお祭なのです。
江戸時代からあるお祭りで、徳川家康に縁のあるお祭りです。
徳川家康が1600年の関ヶ原の戦いの前に神田大明神に祈祷するように命令し、そして勝利したと言われています。
その後、徳川家康から神殿などの寄贈があり神田祭が大掛かりなお祭りになりました。
日数が長く、6日間も行われます。
その中でも一番の見所はお神輿です。
朝から晩まで一日中、100基以上のお神輿が神田明神に向かって行きます。
実は神田祭の時期になるとお得なツアーを利用して安く東京観光を楽しむことが出来ます。
もちろん、神田祭を見に行くのが目的でなくてもです。
沢山の旅行会社が競うように神田祭をテーマにした格安ツアーを提供してくれます。
周辺の飲食店などでもイベントとして特別価格や特別メニューを用意しているお店が多く、普段食べられないような物が楽しめます。
また、東京は川が多いので神田祭のクルージングツアーもあり、日常では体験できないような特別な気分が堪能できます。
神田祭の時期の東京観光はお得で楽しいので価値があります。

おすすめWEBサイト

芸能の専門学校をお探しならおすすめの学校です。

芸能 専門

動物専門学校のパイオニアとして多くのスペシャリストを輩出しています。

動物専門学校 東京

各種オーダーカーテンの販売を行っています

リネンカーテン

2018/2/27 更新

Copyright (C) 今夜はワッショイ! All Rights Reserved.